株式会社MC三河設計

HOME > お知らせ > 新着情報 > 篝籠(かがりかご)に網を取付しました。

NEWSお知らせ

新着情報|2021.03.15

篝籠(かがりかご)に網を取付しました。

篝籠(かがりかご)とは篝火(かがりび)を焚くときに使用する鉄製の籠の事です。

時代劇の戦のシーンや、長良川の鵜飼舟の先端に取付けた篝火の灯りを頼りに鵜匠たちが漁をしているシーンが有名ですが、弊社では篝火は主に祭礼の行事を夜間に行うときに使用します。

篝籠はステンレスで製作したものを使用してきました。

籠の中に網を敷いて松や桧の割り木を組んできましたが、網のすき間から燃えた木片が落ちる事がありました。

今回は安全に使用できるように、ステンレス製の細かい網を半球状に加工して取付を行いました。

ステンレスは固いので半球状に加工するのが難しいですが、ステンレスの鋼線とメッシュサイズをよく検討して理想通りの球状に加工する事ができました。

 

 

新着情報一覧に戻る

ACCESSアクセス

所在地愛知県安城市横山町浜畔上26番地1

WORKS私たちの施工実績

何十年経て 改めて実感する 設計で 施主様の夢や期待に、200%以上の満足を。